介護士が知っておきたい転職のルール

給料で転職するなら、老健や特養がオススメ

29歳で介護業界した元OL。静岡県在住Yさん(34歳)
私は訪問介護で働いています。
約5年ほど勤めています。
まだ介護経験は浅いですが、訪問介護はヘルパーさんから情報が入ってくるためかなりの情報通です。
そんなヘルパー仲間で流れている噂話を書きます。

給料が良いのは?

老健や特養です。
具体的な金額はわかりませんが、デイサービスは夜勤がありませんが、老健や特養は夜勤があるので手当がつきます。
その分、デイサービスより大変ですし土日も関係なく交代勤務になりますが、収入面で考えると、老健や特養などの施設勤務がいいです。

仕事が楽なのは?

どこもそれなりだとは思いますが、やはりデイサービスや訪問介護だと思います。
デイサービスは、介護が必要ながらも自宅で暮らしている方がリハビリや入浴など目的は様々ですが、通う施設になりますし、訪問介護も大変ですが、
自宅でのケアになりますので、特養に比べると楽なのではないかと思います。
在宅でも介護度が重い利用者さんもいますが、ご家族とのやりたりも楽しみに1つになりますし、やりがいも感じられます。

人間関係が良いのは?

これは一概に言えないと思います。
どこも良いところもあれば、悪い噂も聞きます。
我が家もお世話になったことのある特養は、職員のトップに意地悪な人がいるから、パートさんは長く続かないという噂をよく聞きました。
利用者として行く分には、みなさんとても気持ちよく接してくださいましたが、実際はわかりません。
また、私自身が働いていた訪問介護サービスも、パートのヘルパー同士はとても仲がよくお互いに助け合い、とても良い人間関係でしたが、
上にたつ人たちの悪い噂は聞きました。
なので、どこもそれぞれだと思います。

残業が少ないのは?

訪問介護だと思います。
時間で動いています。
もちろん延長もありますが、頻繁にはありません。
責任者やサ責などの役職となると、事務作業もありますので残業もあると思いますが、
現場で働く身としては、訪問介護は残業はないと思っても大丈夫だと思います。
少しの延長はあるかもしれません。

やりがいがあるのは?

これは、どこもあると思います。
特養でしたら、介護度の重い利用者さんが多いので、そういった意味でのやりがいを感じるでしょうし、
デイサービスや老健でしたら、リハビリの成果があって、介護度が低くなったりすることでやりがいを
感じることもあると思います。
訪問介護も、ケア内容が軽くなることもあります。
そのような時に、やりがいを感じますし、どこで働くにしても介護している利用者さんの笑顔に支えられ
やりがいを感じると思います。

腰痛になりにくいのは?

デイサービスかと思います。
やはり特養は寝たきりの利用者さんが多い分、腰痛になりやすいと思うので、その点デイサービスは少し負担は少ないと思います。
訪問も、担当する利用者さんにより違ってきます。
車いすへの移乗が主なケアとなると腰痛になりやすいですが、買い物や掃除、通院介助などが多いと腰痛になりにくので、状況によるかと思います。

将来性があるのは?

今は在宅でのケアを増やそうとしているので、訪問介護なのかと思いますが、現実問題、在宅での介護は難しい家庭も多いと思うので、やはり施設なのかとも思います。
訪問介護は、パートで働くのでしたら時給もいいですし、自分の働きたい時間帯で選べるので、働きやすいですが、フルタイム勤務となると空き時間も多くなることも
ありますし、訪問介護での正社員はあまりないように思います。
その場合はサ責や管理者など上の立場としてまとめ役をしながらの訪問介護になるので、それなりに経験と資格が必要になります。
どすから、どのように働きたいかによって将来性も変わってくると思います。